クリニックについて
スタッフ・ドクター
お知らせ
アクセス
診療について
料金について
妊婦健診
助産師外来
出産について
入院について
お食事
入院部屋
ケアサポート
外来予約

ABOUT CLINIC
STAFF & DOCTORS
INFORMATION
ACCESS
OUR SERVICE
PRICE
PREGNANCY CHECKUP
OUTPATIENT MIDWIFERY
CHILDBIRTH
HOSPITALIZATION
INPATIENT MEAL
HOSPITAL ROOM
CARE&SUPPORT
HOW TO RESERVE

フクオカバースクリニックのイメージ

診療について

必要な診療を、必要な時に。
より安全な出産のための診療を行っています。

フクオカバースクリニックは、
大きく「産科」「婦人科(内分泌・腫瘍)」に分かれる
産婦人科系の診療科目のうち、「産科」を専門に扱う医院です。

診療にあたる医師は、妊婦さんと赤ちゃんの身体や健康について、
より多くの知見を持って診療にあたっています。

さらに周産期医療に携わった経験のある医師や、
超音波専門医の資格を持つ医師が在籍しており、
安心して出産に臨んでいただけます。

周産期医療とは?

周産期とは、出産前後の母体や胎児、新生児の生命に関わる事態が起こる可能性がある期間のことです。当院では、産科と小児科が連携することで、高度で専門的な医療を提供できる体制を整えています。

<診療科目>

産科

1妊娠前感染症チェック

これから妊娠を希望する方向けの血液検査です。これまでに、妊娠時に罹患すると母体や赤ちゃんに影響を及ぼす感染症に、かかった経験があるかどうかを調べます。もしも風疹、麻疹、水痘にまだかかっていらっしゃらない場合、当院にてワクチン接種も可能です。

2妊娠の診断と管理

まず、妊娠の状態が正常であることを確認します。正常妊娠の場合は、母子手帳を発行します。合併症が懸念される場合や、前回のお産の経過によって注視が必要な場合は、引き続き当院に通院いただくか、または総合周産期母子医療センターなどの高次医療機関に通院いただくかを判断いたします。

3妊婦健診

妊娠期間中の患者さまの健康状態や赤ちゃんの発育状態を確認するために、定期的に行う健診です。様々な情報があふれる中、妊娠について日頃疑問に思っていることや不安に感じていることを、一つずつ解消していく大切な機会です。ぜひ気になることをご相談ください。妊娠週数によって、頻度は異なります。

4助産師外来

妊婦健診のうち、初妊婦の方は1回、経産婦の方は2回、助産師による外来を行っています。実際にお産に寄り添う助産師が健診を行うことで、ふだんの妊婦健診ではなかなか切り出せないことを話していただけるよう努めています。また一緒に相談しながらバースプランを作成します。

5胎児診断

日本の標準医療として取り決められている「産婦人科ガイドライン」では、妊婦健診に含まれない特殊な検査ですが、当院では、追加料金をいただかず、妊婦健診の一環として行っています。

6羊水検査

羊水検査では、赤ちゃんの遺伝情報を持つ染色体を調べます。すべての方が受ける検査ではなく、赤ちゃんの遺伝情報を知ってご両親はどうするのか、目的をはっきりさせて受けることが望ましいものです。当院では、臨床遺伝専門医ともよく相談の上、検査を受けるかどうかをご両親に決めていただいています。

染色体検査について

染色体検査にはいくつか方法がありますが、当院では染色体疾患の有無を確定させる羊水検査のみを行います。お母さんのおなかから針を入れて子宮内の羊水を採取するため、わずかに流産や破水のリスクがあります。一般的な流産のリスクは0.2〜0.3%とされていますが、当院では0.1%未満です。

赤ちゃんに染色体疾患があるかどうかの確率を調べるNIPT(母体血胎児染色体検査)については、下記の施設で妊娠8週目ごろから申し込みが可能です。希望される方はお申し出ください。

〈福岡市内の遺伝カウンセリング・NIPT 実施施設〉

福岡大学病院九州医療センター福岡市立こども病院

婦人科

1子宮癌検診
2経腔超音波検査による子宮および卵巣疾患のスクリーニング

不妊治療を希望される方、またスクリーニングによって、疾患や異常が疑われた方は、当院より専門医への紹介を行っています。

ワクチン接種

1インフルエンザワクチン

当院通院中の方に対して冬期におこなっています。

2風疹ワクチン・麻疹ワクチン・水痘ワクチン

妊娠前あるいは産後に接種可能です。

※ご希望の方は事前にお電話にてお問い合わせください。